車内清掃のコツ

車内清掃のコツ

まず箱ティッシュとウェットティッシュとフタ付きゴミ箱を前後に1つ以上ずつ積んでおきます。スーパーの買い物袋を常に3枚は常備しておきます。
これだけで突然渡された泥付き野菜のお土産や濡れた傘などほとんどの急な汚れものに対応できます。汚れはできるだけすぐにきれいにします。

車内清掃のコツ

洗剤も1年後ぐらいに使った場所の変質・変色の原因になるので、出来るだけ使用しません。

 

置き場所は前は助手席の前の開くところに入れておき、後ろ用は助手席か運転席の背もたれの裏側に取り付けるウォールポケット状の専用アクセサリがディーラーに相談すれば見積もりをくれるのでそれを使用しましょう。ちがうものを使用すると後ろの席の乗員の安全に支障をきたす可能性があるのでお勧めしません。

 

車内の汚れはある程度は仕方ないものですが、もし数年後には中古車として売るつもりなら、禁煙はもちろんのこと、シートにカバーをつけること、中で物を食べない、動いているときは飲み物も飲まない、靴の泥は軽く落としてから乗る、綿の手袋をしてハンドルを握るくらいのことは守ってしかるべきです。さらに、2カ月に1度くらい車内に掃除機をかけることをお勧めします。

 

吸引力が強いものがいいので、一番いいのはコードありの家庭用掃除機ですが、駐車場が自宅から離れている方は無理でしょう。小さい2台目掃除機を買うことをお勧めします。無名メーカーの弱いものを買うよりはマキタの頼りになるスペックのハンディをお勧めします。

 

2台目掃除機として買うなら是非紙パック式にしましょう。1台目で紙パックの中身を吸ってきれいにすれば非紙パック式より排気と本体がいつまでもきれいなままで使えます。

 

トップページ