何故ディーラーの下取りに出すと高く売れないのか?

何故ディーラーの下取りに出すと高く売れないのか?

過去に、ディーラーに対して、車買取の査定依頼をしたことがある方はご承知の方が多いかもしれませんが、いちども車買取依頼をしたことがないという方は、ディーラーに下取りを出してはいけない理由というのはピンとこないかもしれません。

ディーラー下取り,高く売れない

ディーラーになぜ車の下取り依頼をしていけないのかと言いますと、ずばり、買い叩かれるということがあげられます。

 

通常の中古車買取業者とくらべてもその差は歴然としています。

 

ディーラーでの買取価格というものは、一般的な中古買取業者の半分以下というところもあるほどです。

 

なぜこのような事態になっているのかというと、自動車販売会社のディーラーというのは、そもそも新車を販売することに重点を置いているため、中古車に対して有意義に活用しようという意図はなく、どちらかというと廃棄処分するような廃棄物として扱うということがほとんどであり、そのためにまだ充分使用できる可能性のある中古車に対して、なるべく高く買取しようなどとは考えていないというのが実情のようです。

 

自動車販売会社のディーラーの事情とは、客には新車を買ってもらいたいが、下取りの中古車は高くは買い取らないということをモットーとしています。