オイル交換をまめにしていたとアピール

オイル交換をまめにしていたとアピール

一括査定に限らず、車を売る際には、車の状態が良ければ高く売れるのは当然です。

 

車の状態をよくするための一つのコツで、オイル交換をマメにしておくということが有ります。

 

車のエンジンオイルは、人間で言えば血液のようなものです。

 

人間の血液は自然に内蔵で浄化されて綺麗になりますが、車のエンジンオイルは使えば使うほど汚れて劣化していきます。

 

そこである程度の距離を乗ったら交換するのが当たり前ですが、メーカー推奨距離は1万キロなんていう車もあります。

 

エンジンオイルというものは、ベースになるオイルという油の性質と、洗浄効果のある添加剤の性質でグレードであったり、エンジンオイルの質が分かれます。

 

ベースになる油の部分は、熱によって劣化しますし、洗浄剤を含む添加剤においては、どんなにいいグレードのオイルでも、2000キロが限度だそうです。

 

車の専門家に言わせると、エンジンオイルは3000キロで交換したほうが良いそうです。

 

ベストは3000キロ以内、理想は5000キロ以内だそうです。

オイル交換をまめにしていたとアピール

メーカー推奨は、性能面よりも壊れない程度、もしくは、ある程度乗ってエンジンの寿命が短くなっても問題ないという事を想定しているのでは?という見解もあるそうです。

 

私は5000キロ以内には交換しています。

 

こまめにエンジンオイルを交換している車のエンジンは、10万キロを超えていてもスムーズで、パワーダウンも少ないです。

 

このようなエンジンの車は当然査定額にも影響してきますし、燃費にも影響するので、結局はお得になります。

 

車を大事にするコツとしては、エンジンオイルをこまめに変えることと、たまには自分でボンネットを開けて点検をしている事が望ましいです。

 

そのようなメインテナンスを怠らない方の査定は、査定員がボンネットを開けた時にわかります。

 

トップページ

オイル交換をまめにしていたとアピール

↑もう一度ランキングを見てみる↑


関連ページ

車を高く売るために必要な情報
車を高く直ぐに売りたい場合は、出来るだけ多くのメリットをアピールしてください。忘れずにメモを取ることで、言い忘れを防ぐことができるでしょう
最後の一声で高く売れる交渉術
最後の交渉術も大事になりますよ。言われた金額がそのままでも良いのですが、気に入った査定員や買取店があった場合には来てみることが大事です。
査定を低くされない為のアピール
出来るだけ査定を低くされないためには、売り手側のアピールも必要です。高く車を売りたい方は、このアピールを欠かせないようにしてくださいね。
車を大事に乗ってきた事を伝える
どれだけ車を大事に使っているかをアピールすることでも価格交渉の対象になることも有ります。大事に乗っている車は次のオーナーの方にも伝わりますからね。
洗車道具も見えるところに置く
洗車も大事に車を乗っているとアピールするポイントです。常に綺麗にしてある車は、年数が経っていても、走行距離は走っていても艶があり、大事に乗っていた事を証明してくれます。
タイヤは特に綺麗にしておく
車を直ぐに売りたい方で、出来るだけ高く売りたい遠ものであれば、タイヤは特に綺麗にしておきましょう!タイヤの山が無い、汚れているなんて状態だと、車を大事にしてい無い事がバレバレですよ。